ネット上の口コミで決める前に!良い歯医者さんの見分け方

良い歯医者さんに出会えるためには

口コミは当てになるのか

歯科治療は患者さんの健康や生活の質の向上に密接に関係した行為です。
専門性も高く、一般の人には分かりづらいことが多くあります。
そのため、ほかの業種と比較して、広告に対する規制が厳しくなっています。
歯医者さんの広告であっても、一般の業界と同様、看板や交通広告、雑誌広告など、従来の広告に加え、ホームぺージやWeb上のバナー広告などが対象となります。
しかし、掲載できる内容は、限定されているのです。
医院名や電話番号、診療科目名、診療時間や曜日、住所といった基本情報以外は、歯科医師のプロフィール(氏名や年齢、役職や略歴)、医療相談や安全措置、個人情報の取り扱いといった管理や運営に関する内容に限られています。
他の広告と同様、虚偽の内容や誇大広告、公序良俗に反する内容の掲載はもちろんNGですが、それに加えて、患者さんなどの主観をベースにまとめられた治療効果などの体験談や治療前、治療後の写真でも、見た側が誤認してしまう様なものは掲載できないのです。
「9割の患者さんが〇日以内に効果を実感」や「最新医療の治療が可能」といった根拠が明確でない記載は虚偽となります。
逆に、その様な内容が記載されているHPや広告には注意が必要、ということになりますね。
歯医者さんを探す際に手軽なツールであるネット検索ですが、ホームページに記載されている内容についても、誇大な広告要素が強い内容である場合、注意する必要があるんです。
治療に際するリスクや費用など、重要な内容についてもしっかりと記載されている事を確認し、正しく情報を集めることが大切なんです。


ページの
先頭へ