良い歯医者さんに出会えるためには

歯医者さんの広告を見る時の注意

歯医者さんにも口コミがある

現在、歯医者さんは全国に68000軒もあります。
この数はなんと、コンビニの総軒数55000件をはるかに上回る数です。
これだけの数の中から、自分にあった歯医者さんを選ぶ時、参考にしている方が多いのが口コミでしょう。
果たしてその信憑性はどれくらいあるものなのでしょうか。
口コミに情報を求める方が多いのは、有料で行われている広告や宣伝が、切り捨ててしまう「ネガティブな」情報の部分が知りたいからだそうです。
良い口コミを書いて報酬を得る様な「やらせ」ではない、利害関係が関与しないコメントなんですね。
口コミといえば、飲食店や宿泊施設、あるいは通販商品などが思いうかびますが、医療機関や歯医者さんに対しての物も多くあるんです。

口コミは100%信頼できるものではない?

口コミというものは、書き込んだ方の主観が色濃く反映されているものです。
また、その方の体験した時の状況や周りの環境によっても左右されてしまいます。
意図的に良い評価を記載してもらうような「やらせ」でなくても、コメントに偏りが出てしまうことが多いのです。
そのため、コメントを100%信用してしまうのは危険な場合もあります。
特に、自分の健康に影響を与える医療や歯科診療については、そのコメントの見方にも注意する必要があります。
大切なのは、自分が「どのような治療が受けたいか」です。
口コミコメントが的を外れたものでは、参考にはなりません。
事前に、どんな治療を行っている歯医者さんなのか、立地は、診療方針は、といった情報を得てから、あくまで「参考」として、医院の雰囲気などを確かめるツールとして考えておくと良いかもしれません。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ