良い歯医者さんに出会えるためには

良い歯医者さんの条件は?

専門によって技術力や経験が異なる?

歯科治療は、専門的な知識や最新治療に対する知識を持っているだけでなく、実際に治療した経験が重要になります。
治療を受ける歯医者さんがどの分野を専門としているのかは、看板やホームページに掲載している診療科目だけでは判断しにくい場合があります。
というのは、「歯科」、「矯正歯科」、「小児歯科」、「歯科口腔外科」の診療科目は、歯科医師であればだれでも掲げることができるためです。
より専門的な技術をもっている歯医者さんを選びたい場合は、治療にあたる歯科医師が所属している学会等を調べてみると参考になります。
歯医者さんのホームページなどに、プロフィールとして掲載する医院が増えています。
例えば、歯並びの矯正であれば「日本矯正歯科学会」、歯茎の晴れや歯周病であれば「日本歯周病学会」、親知らずの治療や抜歯であれば「日本航空毛が学会」などです。

専門医を紹介してもらうことも

治療する内容がよくわからない、あるいは、治療している間に、別の専門分野での治療が必要になる場合もあります。
自分の専門でない治療が必要な場合、無理に自分が治療するよりも、より専門知識や技術をもった歯科医師を紹介してくれることがあります。
その方が患者さんにとって良い結果を得られることが分かっているからです。
この様に、他の歯科医師とも連携が取れている歯医者さんは良い歯医者さんと言えるでしょう。
また、歯の治療は身体の他の部分に影響を与えている場合もあります。
例えば糖尿病患者には歯周病を患っている確率が非常に高く、歯周病が受賞化すると、糖尿病も症状が悪化するということが分かっています。
口腔内の病状観察がそのまま、糖尿病の治療喚起にもつながるのです。
こうした医療機関との連携もが出来ていることも、安心して治療を受けられる条件となることもあるんです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ