良い歯医者さんに出会えるためには

かかりつけ医を持つ安心感

かかりつけ歯科医とは

「かかりつけ歯科医」とは。歯科治療以外にも、医療や介護関連の知識を持ち、開業している地域に住む方々に、生涯にわたっての口腔内機能の維持や向上のために寄与することができる歯医者さんのことです。
歯科治療は、治療して終わり、ではなく、治療後も、再発の防止のために定期的な検診を受けたり、自宅でできる予防についての方法をレクチャーするなどのアフターケアも大切なのです。
定期歯科検診を実践している人の方が、していない人よりも、自分の口の中が健康であると感じている方が1.8倍多いといわれています。
生涯にわたり、お口の健康、そして身体の健康をキープするためには、「かかりつけ歯科医」を持つことが重要視されているのです。

厚生労働省が定めた「か強診」

2016年に厚生労働省は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」略して「か強診」というものを制定しました。
歯科疾患の重症化を予防し、歯の喪失を防ぐメンテナンスに優れた歯医者さんを評価し、認定する制度です。
歯周病の安定期治療やクラウン、ブリッジといった歯の維持治療経験があることはもちろん、偶発的な緊急事態にも対応できる、他の保健医療機関との連携が取れている、また、衛生面でも徹底した洗浄、滅菌処理が講じられているなどの厳しい選定条件があります。
認定されている医院は全体の約10%と言われていますが、認定院では、それまで保険適用範囲では3か月おきにしか行えなかったフッ素塗布が毎月行えるなどのメリットもあります。
一定のレベル以上の歯医者さんである判断基準にはなりますので、新しい歯医者さんを探す際に選択肢の一つにしても良いかもしれません。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ